第二回公演アンケート集計結果

プロジェクト「Act」Tokyo第二回公演「比翼連理の果て」において、多くのお客様の来場を頂き、さらに想像を遥かに上回る数のアンケートを頂きました。

誠にありがとうございました。こちらではそのアンケートの詳細についてまとめさせて頂きました。

来場者数128人(延べ)

アンケート集計数46名

うち、

「再演を希望する」

希望する・・・30人(約65%)

希望しない・・・3人(約6.5%)

無回答・・・13人(約28%)

「次回作の連絡を希望する」

希望する・・・28人(約61%)

希望しない・・・2人(4%)

無回答・・・16人(約35%)

という結果でした。大変多くの方々にご期待を頂いていることが分かり一層身が引き締まる思いです。


また感想欄では非常に熱いご意見を多数頂きました。その一部を抜粋して紹介致します。


「自分の将来を考えるいい機会となりました。同時に日本の社会問題について改めて考えることができました」・・・20代男性

「感動しました!!こんな実話があったのかと思いました。生きることも考えさせられました!!」・・・20代女性

「自分もパーキンソン病の祖母がいて夜中30分おきにトイレに連れて行かなくてはいけないこともありました。今は施設に入れてもらったのですが、そこにたくさんの葛藤があったのが辛くて自己嫌悪になった経験も重なって、本当に泣いてしまいました。ステキな劇でした」・・・20代女性

「場面転換が上手で、時代や場所の変化がスムーズに理解できました。新聞記者やデスク、弁護士やケアマネ等、専門性の高い役どころが多い芝居だと思いますが、各役者陣がていねいな役作りをされていてとても関心致しました」・・・30代男性

「この様な作品がもっといっぱい公演してほしい。すごく良い作品だと思います。ジーンときました」

「最高に良かったです。まさか最後泣くとは思わなかった。僕は本業以外に介護の仕事をしてるので今以上に利用者さんの事を大事に楽しく一緒にすごそうと思いました」・・・40代男性

「実際にあった出来事を目の前で演劇して観れたことに迫力を感じました。最後のシーンでの奥様のひと一言、旦那様の顔の表情で思わず涙してしまいました」・・・40代女性

「とても琴線に響きました。誰しも避けては通れないテーマで、とても上手く表現されていたと思います」・・・50代男性

「今回も深く考えさせられる内容でした。ラストで涙ぐんでしまいました。ありがとう!」・・・60代男性


まとめ

集計をしていて一番驚いたのは20代、30代の若い方々から「将来を考える機会になった」という趣旨のご感想を多く頂いたことです。

その数自体は社会全体から見ればほんの少数ではありますが、しかしこれは実のところ若い世代の多くが自分の将来や日本の将来をよく考えていることの証だと思いました。

今後、この舞台公演をそういう若い世代の意見の発信の場、議論の機会にしてもっと社会に広めていくことがプロジェクト「Act」Tokyoの役割の一つではないかと考えています。


最後に

皆様のご意見、ご感想からプロジェクト「Act」Tokyoはさらに飛躍するエネルギーを頂くことができました。

この場を借りまして改めてお礼申し上げます。

誠にありがとうございました。


安城 龍樹



0コメント

  • 1000 / 1000