小林亮太

記事一覧(10)

「堕天使とボノボ」振り返り①

プロジェクト「Act」Tokyo第三回公演「堕天使とボノボ」は11月26日無事千秋楽を迎えることができました。スタジオに足を運んで下さった方々、スタッフ、キャストの方々、そして挿入曲を提供して下さったHeavensdustさん、改めてお礼申し上げます。今回のテーマは、人間の最も根源的な欲求のひとつ「性欲」でした。性欲は、食欲や睡眠欲と同様、健康な人間の誰もが持ちうるものでありまがら、それを表面化することが禁忌とされています。筆者としては、なぜ男は女性の胸の膨らみに目をやりながら「君のことが好きだ。幸せにしたい」と言ったり、なぜ勝負下着をつけた女が「セックスには興味がない」と言わなければならないのか。本当はしたいのにどうして嘘をついてまで性欲を我慢しなければならないのかというような疑問が出発点でした。もし、もっと男女の関係がフラットで、性がオープンだったら、男は、女性に贈るプレゼントの額面に頭を悩ます必要もない。ムキムキの身体も、気障なセリフも必要ない。頼れる男のメッキを塗る必要もない。もっと男女の線引きが曖昧で、女性が完全に自立できる世の中だったら、女は、毎朝出かける前に化粧をしなければならないという強迫観念に追われる必要もない、ポーチがはち切れんばかりに詰め込まれたメイク道具もコスメアイテムもダイエットグッズも全部手放してありのままで日々を送っても誰にもなにも言われない。好きな相手とセックスしても尻軽女と嘲笑されることもない。高収入の男達から好き好んで値踏みされる必要もない。誰もが「君とセックスしたい。でも一緒に幸せにもなりたい」、「あなたとセックスしたい。でも別にあなたのものになるわけではない」と普通に言える世の中だったら、どれだけよかっただろうと思ったわけです。性の抑圧は、最終的に不幸しか生み出しません。強姦、痴漢、DV、不倫、浮気、盗撮、セクハラ、売春、枕営業、変態……。もっとも根源的な欲求でありながら抑圧されている「性欲」がもっと開放されたボノボのような世の中だったら、どれだけ生きやすいだろう。世の中は所詮人の集まりで、文化や常識、考え方なんてものは、専ら人の成すことなのだから、一人ひとりが変われば世の中は必ず変わります。何が正しいなんてものはない、ただ、どう選ぶかは自分次第。一人の人を一生愛する考え方だって、たくさんの人を一度に愛する考え方だって、セックスを伴わない愛情だって、セックスだけの関係だって、全部認めてあげられたらどれだけ素晴らしいかって思います。そんな世の中になればいいなと筆者は今この瞬間も強く思います。作品以外の場所で語るのは筆者の仕事ではないのでここで多くは語るつもりは本当はなかったのですが、テーマがあまりに壮大過ぎて120分の作品に全てを込めることがどうしてもできなかったので、つい語り過ぎてしまいました。何卒ご容赦下さい。稽古が始まったのは10月の初旬。女性ばかりが集まってまず配役オーディションをしました。そこで、晴夏役と京子役に名乗りを挙げたのが、佐々木さん、服部さん、川原さん、青木さんの四人。この日例のセット破壊のシーンを演じてもらったのですが、その四人の演技を見て(今回は面白くなる)と確信しました。アンケートは前回を遥かに上回る98人の方々から(来場者数160名)頂きました。「再演を希望するか」の項目は、希望する・・・53人希望しない・・・5人どちらでもない・・・4人無回答・・・36人という結果でした。正直のところ、タブー的なテーマを取り扱ったところや挑戦的な演出から考えてもっと厳しい結果になることを予想していましたが、思いの他前向きな評価を頂きました。特に今回20代男女からの反響が大きかった印象です。筆者としては、既存の価値観に染まりきっていない若い世代に向けて発信したつもりだったので、幸いでした。作品として魅力のあるものができるのではないか、という気はしていたのですが、テーマそのものがセンシティブで、開明的な内容だった今回。ツイッターでもこの作品に関する情報全て「センシティブ」扱い(恐らくボノボに掛かっている)つまり、ポルノ扱いの状態でした。今回の作品を制作するにあたって多くの引用をした「性の進化論」という著書では、農耕牧畜社会(=文明)によって新たに生まれた「所有」という概念そのものが、戦争、紛争やあらゆる暴力やあらゆる争いの根源になっているという趣旨の主張や帰結が各所で見られます。本作品でその点に直接触れることはできなかったのですが、今の社会で推奨されている、競争原理、功利主義、一夫一妻といった概念が実は人間を幸福すると同時に不幸にもしているのではないか。そう思うのです。これらが正しいとか間違っているとかではなく、個々が闇雲に流されることが一番あってはならないと思うのです。やっぱり語り過ぎてしましました。今回はこの辺りにして、次回は公演そのものを振り返りたいと思います。

第二回公演アンケート集計結果

プロジェクト「Act」Tokyo第二回公演「比翼連理の果て」において、多くのお客様の来場を頂き、さらに想像を遥かに上回る数のアンケートを頂きました。誠にありがとうございました。こちらではそのアンケートの詳細についてまとめさせて頂きました。来場者数128人(延べ)アンケート集計数46名うち、「再演を希望する」希望する・・・30人(約65%)希望しない・・・3人(約6.5%)無回答・・・13人(約28%)「次回作の連絡を希望する」希望する・・・28人(約61%)希望しない・・・2人(4%)無回答・・・16人(約35%)という結果でした。大変多くの方々にご期待を頂いていることが分かり一層身が引き締まる思いです。また感想欄では非常に熱いご意見を多数頂きました。その一部を抜粋して紹介致します。「自分の将来を考えるいい機会となりました。同時に日本の社会問題について改めて考えることができました」・・・20代男性「感動しました!!こんな実話があったのかと思いました。生きることも考えさせられました!!」・・・20代女性「自分もパーキンソン病の祖母がいて夜中30分おきにトイレに連れて行かなくてはいけないこともありました。今は施設に入れてもらったのですが、そこにたくさんの葛藤があったのが辛くて自己嫌悪になった経験も重なって、本当に泣いてしまいました。ステキな劇でした」・・・20代女性「場面転換が上手で、時代や場所の変化がスムーズに理解できました。新聞記者やデスク、弁護士やケアマネ等、専門性の高い役どころが多い芝居だと思いますが、各役者陣がていねいな役作りをされていてとても関心致しました」・・・30代男性「この様な作品がもっといっぱい公演してほしい。すごく良い作品だと思います。ジーンときました」「最高に良かったです。まさか最後泣くとは思わなかった。僕は本業以外に介護の仕事をしてるので今以上に利用者さんの事を大事に楽しく一緒にすごそうと思いました」・・・40代男性「実際にあった出来事を目の前で演劇して観れたことに迫力を感じました。最後のシーンでの奥様のひと一言、旦那様の顔の表情で思わず涙してしまいました」・・・40代女性「とても琴線に響きました。誰しも避けては通れないテーマで、とても上手く表現されていたと思います」・・・50代男性「今回も深く考えさせられる内容でした。ラストで涙ぐんでしまいました。ありがとう!」・・・60代男性まとめ集計をしていて一番驚いたのは20代、30代の若い方々から「将来を考える機会になった」という趣旨のご感想を多く頂いたことです。その数自体は社会全体から見ればほんの少数ではありますが、しかしこれは実のところ若い世代の多くが自分の将来や日本の将来をよく考えていることの証だと思いました。今後、この舞台公演をそういう若い世代の意見の発信の場、議論の機会にしてもっと社会に広めていくことがプロジェクト「Act」Tokyoの役割の一つではないかと考えています。最後に皆様のご意見、ご感想からプロジェクト「Act」Tokyoはさらに飛躍するエネルギーを頂くことができました。この場を借りまして改めてお礼申し上げます。誠にありがとうございました。安城 龍樹

比翼連理の果て 開演まであと6日

プロジェクト「Act」Tokyoの第二回公演「比翼連理の果て」が近づいて参りました。日々を真面目に真摯に生きている全ての方に送る作品に仕上げました。目まぐるしく何かに追われる日常の中、一度立ち止まってみて、そしてイスに腰かけ、照明の下でそれぞれの人生の灯を揺らす人間達を眺めながら、人の生活に欠かせない何かについてゆっくり考える……。そんな時間にして頂けたら幸いです。今回ですが、前回公演に引き続き、大関愛、赤木順香、浜本知伸のアクトメンバーに加え、TEAM SAMTの白岩太郎、そして新たによしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の女優、道さわこ、韓国人女優、姜旻知などなど個性溢れるキャスト陣となっています。前座にはコメディ終演後には記念撮影会も開催するなど、盛り沢山の内容となっております。当日満席となる場合もありますので、ご予約はお早めに!それでは皆様のご来場心よりお待ちしております。公演内容演目 短編コメディ「ごむまりの気持ち」、本編「比翼連理の果て」場所平賀スクエア公演日程 7月13日 14時- (公開ゲネプロ)/19時-14・15・16日 14時- /18時-チケット料金前売り/当日: 3000円公開ゲネプロ: 1000円定員各公演30名全席自由毎回夜公演終演後に、スタジオ併設のバーにてキャストを交えた交流会を開催致します。「比翼連理の果て」あらすじほとんど不眠不休で続けた 2 年に渡る介護の末、茂男は認知症の妻・幸江に自ら手を掛けた。50年間連れ添った夫婦を襲った悲劇。新人新聞記者の山岡は、執行猶予付きで保釈された茂男に直接取材を試みるべく茂男の足取りを辿る。実在した事件が現代日本に問いかける、夫婦のあるべき最後とは...。脚本・演出 安城龍樹出演(五十音順)赤木 順香「Act」

第一回公演「悪魔の涙」

2018年1月12日から14日の間に平賀スクエアにて全5ステージ上演されたプロジェクト「Act」第一回公演「悪魔の涙」特に初日と千秋楽には多くのお客さまにご来場頂きました。改めて深くお礼申し上げます。平賀スクエアは本来フォトスタジオ。正規の舞台装置が一切無い、一見舞台公演には不適切と思われるような場所です。しかしスタジオに備え付けられたわずかな白熱球がぼんやりと舞台を照らす風景は、今回のテーマには好都合でした。さらに、「舞台」が存在しないこのスタジオは「この空間全てが舞台」。前後左右、あらゆる場所にセットを配置することでスタジオ全体を物語の世界にすることができ、「橋本家」「岩田家」「スナック」「隠れ家」「公園」これら全てのセットを転換無しで一度に表現することにも成功しました。大道具は机、ソファと非常に限られたものしか用意できなかった。その分役者は演技、存在感のみで物語の世界観を作り上げられるよう求められました。アクティングは、モノローグを除き全て、体験型のアクティングで挑みました。限られたセットの中で、役の人格や感情を誇張せずにアクティングするということは、ともすれば観客に非常に退屈させる懸念もありました。全てが挑戦だった今回の公演。テーマは「無償の愛」オープニングで橋本家の長女「唯」は悪魔にこう問いかける。「無償の愛なんてもの、この世の中にこの世のどかにあるものなのかな。だって人ってさ、人に愛情を注いだ分だけその見返りを、対価を心のどこかで望んでいるような気がするから」